テストステ論

京大卒の高テス協会会長がテストステロンに関する情報をお届けします

ライトブーストのRPMパッケージプロジェクトがはじまった

おれはライトブーストに関しては、カーネルとテストはおれが良いものを作るが、ディストリビューションにパッケージを突っ込むのは誰かがやってくれるのを期待することにしている。やってくれないならばそれまでのソフトウェアと諦めるだけだ。

しかし実際には、Momongaから始まり、DebianUbuntuなどメジャーどこにも入ったし、ArchやGentooへの提案もやってくれる人が現れた。おれは彼らに頼んだわけではないし、彼らのモチベーションも聞いていないが、各々が自分にとって利益や興味のあることをやって、結果として形になっていくというのがオープンソースらしいところだと思うので、現状にはまぁまぁ満足している。

RHELCentOSなどRPM系にパッケージを作ってくれる人が現れたら良いなとは思っていた。RHELを使う人はレッドハットの保守が欲しい人だからわざわざ保守外のライトブーストを使わないとは思うが、CentOSは広く使われているディストリビューションであり、そこで簡単にライトブーストが導入出来るようになれば、広まる起爆剤にもなると思っていたからだ。色々なディストリで広まっていけば、相乗的にどんどん広まっていくし、品質も上がっていく。実際にはおれはライトブーストにバグは1つもないと思っているが、広まって使われることが実績となり、ストレージソフトウェアのような基盤ソフトウェアにとっては特に、実績は品質と言い換えてもいいと思っている。

誰かやってくれないかなぁと思ってたら、RPMパッケージをやってくれる人が現れた。CentOSの他Fedora向けにもパッケージがあるようだから、それらのディストリを使ってる人でライトブーストをちょっと試してみたいなと思う人はこれを使って欲しい。ドミトリのwriteboostもパッケージ提供されているから運用も簡単に出来る。

github.com

バイナリはCoprというところに置いてある。

khara/dm-writeboost Copr

Thanks kazuhisya!!