テストステ論

京大卒の高テス協会会長がテストステロンに関する情報をお届けします

【商品レビュー】マイオプレックス【ミールリプレイスメント】

おれは今、炭水化物も多少は許容する生活をしている。具体的には1日100g-150gくらいは許容する。PFCとかいう何の科学的根拠もない比率からすると400gくらいは炭水化物をとらなければいけないことになっているが、その1/3程度ならばまぁいいでしょうという考え。ある程度は炭水化物をとった方が腸の調子もいいし、筋肥大にもプラスになると考えている。夕食はプロテインで済まし、寝る前にまたプロテインを飲む。摂取する炭水化物はそれ以前にとってしまえば、脂肪で太ることはない。トータルで考えて、プラスになると考えている。炭水化物を食べる時はまず、蛋白質から食べる。これによって炭水化物の消化が遅くなり、血糖値が上がりにくくなる。このように食べる順番を工夫することでも、糖質制限の効果を得ることが出来る。理屈が分かっていれば、踏み込むことは怖くない。

具体的にはこのような生活をする。筋肉を育てるためには、こまめに蛋白質を補給してあげることが望ましい。

カタボリックな時間を出来るだけ作らないことが、筋肥大には欠かせない。ストレスも大敵だ。ストレスはカタボリックホルモンのコルチゾールを分泌する。これによって筋肉が溶ける。最近の研究により、ハグがストレスを軽減させることが分かってきた。つまり、ハグは筋肥大に良い。欧米人の筋量が多いのは、彼らが日常的にハグをするからだと考えられる。おれもハグをしたい。

1。朝起きてプロテイン + サプリ 2。朝ごはんを食べる 3。昼食前にプロテイン + サプリ 4。昼食を食べる 5。間食をとる 6。夕食としてプロテイン + サプリ 7。寝る前にプロテイン + サプリ

問題は間食だ。今はプロテインを飲んでいたが、プロテインばかり飲んでいると狂いそうになる。別途書こうと思うが、今飲んでいるマイプロテイン社のWPIは品質には問題がないがとにかく美味しくないのだ。

マイオプレックスはミールリプレイスメントだ。蛋白質が40g、炭水化物が20g。その他、栄養がバランス良く詰め込まれている。問題は一食300円もすることだが、筋肉のためであれば大きな問題ではない。それにプロテインだって40gで300円まではしないが、決して安くはないのだ。

マイオプレックスが先程届いたので早速飲んでみた。結論をいうと、激マズだ。おれはチョコレートクリームを頼んだわけだが、スニッカーズをどろどろに溶かしたような味がした。チョコレートクリームは明らかに失敗だった。次はストロベリークリームを攻める。

マイオプレックスは、ボディビルダーのみならず忙しい社会人にもオススメ出来る。菓子パンやジャンクで腹を満たすのはやめよう。どうしても仕事が忙しいと食事を疎かにしたくなるものだ。しかしそれでは身体が壊れるしパフォーマンスも上がらない。代わりにマイオプレックスを飲むといい。マイオプレックスは1包で300円、2包で600円。下手にコンビニでご飯を買うより遥かに安いしカロリーも700kcalとれる。

一般的な家庭持ちの社会人だと、6PMに退社して家に着くのは7PM。それから7:30PMくらいから夕食をとるのだろう。しかしこれは遅すぎる。そんな時間に飯を食っては太るし、消化にも悪い。代わりに、3時と6時にマイオプレックスを1包ずつ飲もう。それで食事は終わり。家族も、夫の帰りを待つ必要なく、6時に夕食を食べて、10時には寝るべきだ。その方が健康にいい。夫の帰りを待つという日式習慣がおれには全く理解出来ない。それによる犠牲が大きすぎて、とても正気とは思えない。ビジネスマンは同時にボディビルダーでもなければいけないと思う。