テストステ論

高テス協会会長がテストステロンに関する情報をお届けします。

(CS:GO) 首エイム禁止

引き続きAim Botz Challengeに嵌っている。昨日は筋肉の疲労もあってか、あまりスコアが出なかった。しかし自分の悪いところは分かっている。これを分析したい。サムネに映るおれの僧帽筋がやばいことは気にするな。

www.youtube.com

おれはクロスヘアをこんな感じで首に合わせてしまう癖がある。(ちなみにこの画像はスクショをwaifu2xで拡大したものだ)

f:id:akiradeveloper529:20170722150323p:plain

これは、CS:GOではヘッドショットにならない。CS:GOでは一発目にこう撃ってしまうと、次は弾が逸れるためさらに2-3発を頭に向けて撃つ必要がある。それが大きなロスになる。CS:GOでは他のゲームに比べて一発目の責任が大きいということだ。実戦ではどうかわからないが、Aim Botz Challengeではいかに一発目をヘッドに当てられるかがスコアに直結する。

たぶん誰でも多かれ少なかれ、クロスヘアが下がってしまう傾向はあるのだと思っている。なぜかというと、ヘッドラインから上から下かだったら、多少ズレても胴には当たり、リコイルでワンチャンヘッドに当たるかも知れない下を狙う方が合理的だからだ。

ただ、おれの考えでは、クロスヘアの形状も、この首狙いを助長してるように感じている。というのも、十字の横線が肩に乗っているのはとても安定感があると感じるからだ。エイムは反射的に行うものだから、クロスヘアを的に合わせるということに対する感覚が結果に影響してくる。

ここでわかる人は教えてほしいのだけど、この、「首を狙ってしまう癖」はプレイヤーの中では良くあることなのか、あるとしたらどういう改善方法が知られているか。

おれとしては、クロスヘアの形状が十字であることが悪いと思っているので、OWで使っていたドットに戻そうと考えている。ただ、理屈としてはクロスヘアを十字にする意味はないと思うので、ではなぜ全プロプレイヤーがドットを使わないのかが分からない。現実はそれに反して、むしろ十字を使ってるプレイヤーがほとんどなのだ。この理由がよくわからないので、ドットに戻すことが最善なのか、もしかしたらクロスヘアのまま何か改善をしていく方が良いのか迷っているのだ。

CS:GOをやろうとすると自分のエイムがいかにいい加減なものだったか思い知らされるが、これはいい機会なのでとことんエイムを強化していく。エイムが悪いやつはトロールだ。