テストステ論

高テス協会会長がテストステロンに関する情報をお届けします。

まぶにゃんのスポンサーを打ち切った

まぶにゃんというYoutuberがいる。

早速だがまぶにゃんの面白さはこの動画を見ればわかるだろう。わかる人にはわかるがわからない人には一生わからないという方が正確かもしれない。

www.youtube.com

元BFプレイヤーで今はFortniteを中心にプレイして配信している。BF時代の戦績については以下が詳しい。

MAVnyanニコ生チャンネル-ニコニコミュニティ

高卒の現在26歳で、越谷の実家住まい。まともな定職にはついたことがなく、本人曰く社会に嵌められたとのこと。本人曰く、早生まれのせいで成長がみんなより遅れてしまい、最初のつまづきをリカバリすることが出来なくなった結果、このような人生になってしまったとのこと。早生まれの人間の自殺率の高さなどを根拠にして、早生まれに自分の人生の責任を負わせている。Youtuberとしての収益が自立出来るレベルには高くないため今はまだ実家住まいをしており、隣の部屋とはスライド式の薄いドアで仕切られただけの狭い自室を与えられ、そこで主に夜間に配信をしている。なぜ夜間かというとゴールデンタイムには家族との団欒をする必要があり、夜間しかまとまった時間がないからだと言っている。昼夜逆転によって一時は自律神経が壊れ、味覚障害を起こした。その配信には毎日200-300くらいの通称まぶキッズが集まり、彼がFortniteを始める際には「まぶ様ご武運を」とコメントするのが慣習となっている。また「もだめ」「しょうもな」など決まりゼリフがあり、確かなプレイスキルもあって、キッズをひきつけている。

おれもまぶキッズの一人だ。おれは夜間の配信には健康上の理由で参加しないが、アーカイブを毎日楽しみにしている。特に楽しみなのがゲームプレイのあとに2時間ほど行われる通称「お手雑」だ。お手雑は「お手々雑談」の略で、その名のとおりまぶにゃんの手がカメラに映りながらしょうもない駄菓子をつまみにビールを飲みながら雑談をするというものだ。その話題は流れの中で決まることが多いが、どの話題についてもまぶにゃん独自の着眼点を持って話が展開されるため、京大院卒のおれにとっても聴き応えのあるものとなることが多い。

さて、Youtubeにはスポンサー機能というものがある。これは応援料として毎日500円を配信者に支払うものである。その対価としてしょうもないスタンプが使えるようになったり、コメントで強調されたりするが、ライブに参加していないおれにとっては何の魅力もない。しかしおれはまぶにゃんのお手雑を楽しんでいるし、なにより彼が自立してまともな時間に配信が出来る手助けになれば良いと思ってスポンサーとなった。

しかし今朝、残念ながらスポンサーを打ち切った。理由はお手雑をしなくなったからだ。Twitterで再三に渡ってお手雑をしなければ見限るという通告をしたにも関わらず、意図的に無視し続けたため、勢い的に切る他なくなった。

f:id:akiradeveloper529:20180608000349p:plain

なぜこのような記事にしようかと思ったかというと、おれが今まぶにゃんにしてあげられることはブログでまぶにゃんの紹介をして、新しいファン獲得に繋げることしかないからだ。おれはもうまぶにゃんは見限ったけど、おれの読者の中からまぶにゃんのファンが生まれることを願っている。