テストステ論

高テス協会会長がテストステロンに関する情報をお届けします。

(etiles report) タイルのデザインを変えようかと思っている

etilesの面白さは、タイルの裏表のセットが決まっていて、プレイしていくとこれがなんとなく染み付いてくるため、運ゲーから実力ゲーになるところにあると思っている。例えば、この黄色の裏は赤の確率が高いなどを瞬時に判断していくことで手数を少なくして、素早く回答することが出来る。今リーダーボードのトップレベルにいるプレイヤーは意識的かは知らないがこれをやっている。

一方で、これが出来ないといつまで経っても運ゲーから抜け出せず、面白みを感じることは出来ない。今のetilesのような小規模なゲームに対して初期投資としてタイルの組み合わせを全暗記してくれる人はほぼいないと思われるため、このラーニングカーブのきつさは導入の障壁になる。

今、これを解決する策として、色に数字を振るということを考えている。

f:id:akiradeveloper529:20180626175627p:plain

色に数字を振った時、etilesでは「偶(奇)数の裏は奇(偶)数のどれか」という性質を持つことが明らかになる。これならば、色を覚えるよりはわかりやすい。また、現在etilesが5x5までサポートしていないのは色盲者にとっても認識可能な色のセットとして明らかなものが10個だったからだ。全部白塗りでやってみた時のモックが以下となる。このように色を消せば理論上はNxN一般についてゲームを提供することが出来る。

f:id:akiradeveloper529:20180626175628j:plain

しかしこの場合には「どの色が足りてないか一発で分からない」という視認の難しさが問題として上がる。

そこで今おれは、既存のデザインの上に数字を乗せるという折衷案を考えている。