テストステ論

高テス協会会長がテストステロンに関する情報をお届けします

一番はじめに買いたいマウスパッドはLogicool G640

目次

この記事ではオススメのマウスパッドを紹介します

ゲーム配信をしていると、「今使ってるマウスパッドは何ですか?」と聞かれることがあります。今使っているマウスパッドは特に変わったものではなく、みなさんにオススメ出来るのではないかと思ったのでこの記事を書くことにしました。特に、マウスパッドに悩んでいて、まだこれを持ってない人にはぜひ買ってほしいと思います。

私のマウス・マウスパッドコレクション紹介

f:id:akiradeveloper529:20181201231159j:plain
マウスコレクション

f:id:akiradeveloper529:20181201231141j:plain
マウスパッドコレクション

私はこのブログの他の記事にもエイムについてたくさん書いていますが、自分でもどういうマウス・マウスパッドがエイムしやすいのか、マウスとマウスパッドの相性はどうなのかなど実際に使って調査しなければならないため、片っ端から買っていたらこんなになっていました。

マウスパッドが持つべき性質とは?

マウスパッドには滑りやすいもの、止まりやすいものなどがあり、ゲームによってもどういうマウスパッドがより多く使われているかという点で差はあります。例えば、しっかりとマウスを止めることを重視するCSGOというゲームではQck Heavyという重厚なマウスパッドがよく使われていますし、Overwatchのようにマウスをすばやく動かすことを重視するゲームでは滑りやすいマウスパッドを使う傾向があります。

私は当然、色々なタイプのものを使いましたが、結局どちらのゲームでも、しっかりと止めたいときもあるし滑らないと困ることもあるのです。例えば、Overwatchでもただ滑らせていてはエイムが合わなくなってしまいます。大雑把な動きでは滑っていてほしいのですが、細かいエイムをする時にマウスがしっかりぷるぷるしてしまうようでは困るのです。

したがって、滑って止まるという一見相反する性質を持ったマウスパッドが求められます。このような需要はすでに広くあり、Artisanというマウスパッドメーカーはそれ自体をコンセプトとして商品開発をしています。当然私もArtisanのマウスパッドは何枚も買いましたが(数えたら7枚でした)、どれもどちらかというと滑りすぎるという印象で、しっくり来ませんでした。

また、初めてのマウスパッドとしてどういうものがふさわしいかと考えた場合、極端に滑る・極端に止まるというものはふさわしくないと考えます。これは、変な癖がついてしまうからです。例えば、マウスパッドに押し付けてマウスを止めるやり方は、トラッキング時に力が抜けず追いエイムが固くなります。極端には滑らないし極端には止まらないマウスパッドが初めてのマウスパッドとしてもふさわしいと言えます。

Logicool G640の紹介

私が今使ってるマウスパッドはLogicoolのG640というマウスパッドです。(G640rのrは特に意味がなく、G640と同じものです。メーカーの型番付の都合上だと思います)

極めてふつうで、極めて標準的なマウスパッドで、実際に私もなぜこれをもっと早く買っていなかったのか不思議だったくらいですが、本当に良いマウスパッドだと思います。

このマウスパッドの表面はすべすべしていてマウスがしっかり滑るのですが、ちょうどいい具合に止まります。似たような薄めのマウスパッドとしてはSteel SeriesのQck+というのがありますが、あちらよりもはっきりと優れてると感じました。これはどこに差があるかと考えると、Qck+は2mmでG640は3mmな点にあると思います。上に紹介したArtisanというメーカーの主張としては、FPS向けのマウスパッドは最低3mmの厚さがなければならないそうです。私もQck+は薄っぺらく、止まりが少し残念に感じるためこの主張には同意なのですが、G640は3mmということで、要件を満たします。

裏面については表面ほど商品ごとに差があるわけではありませんが、グリップがしっかりしていてマウスを動かした時にマウスパッドがずれないということが要件です。私の持ってるマウスパッドでは、ZowieのG-SRというマウスパッドは裏面のグリップが弱くよくずれます。また、Artisanの製品は裏面が細かい吸盤のようになっていて、机をしっかり拭いて多少水で湿らせた状態であれば完璧に吸着しますが、そういう手間をかけなければ机の上で滑ることがあります。ゲームをするために机を拭いたり色々手間があるのは、面倒に感じる人もいるかと思います。

プロの使用状況

G640はCSGOというマウスの止めが重要なゲームでも一番ではありませんが広く使われています。CSGOのshoxというプレイヤーはトップレベルのエイムを持つプレイヤーとして知られており、彼もG640を使っています。G640のしっかり滑るが3mmの厚さがあるため止めることも出来るという性質が、shoxの美しいエイムを実現しているのかも知れません。

f:id:akiradeveloper529:20181202002911p:plain
shoxのsetting

しっかり滑ってある程度止まるという性質はOverwatchでは好まれていて、ZowieのG-SRの次に使われています。ただし、私はG-SRは上で述べたような裏面のグリップの問題だけでなく、マウスパッドの表面の摩擦が強く感じるため(これは他のユーザも感じるそうです。"G-SR high friction"での検索結果)、G640の方が良いと感じています。また、G-SRは価格もG640の倍近くするため、合わなかった時のリスクも大きいかと思います。この点でもG640は2000円ちょいのマウスパッドで、性質も標準的なため、買って損はないマウスパッドと言えます。

まとめ

この記事では、LogicoolのG640というマウスパッドの良さを、他のマウスパッドと比較した上で説明しました。G640は標準的なマウスパッドではありますが、トッププロにも好まれて使われているまさにFPS-Readyなマウスパッドと言えます。尖ったマウスパッドではないですが、買っておいて損はないマウスパッドです。