テストステ論

京大卒の高テス協会会長がテストステロンに関する情報をお届けします

【Overwatch】Taimouの逆襲 - Taimouがローセンシに戻ってきた -

オーバーウォッチの有名なプロプレイヤーTaimouがローセンシに戻ってきて感動しているという話をします。おかえりTaimou

まず、Youtubeの動画検索でTaimouといれると何が返ってくるか見てみましょう。

f:id:akiradeveloper529:20190107134420p:plain

上位に、マクリーやウィドウメイカーが出てきます。彼は、エイムでわからせるプレイヤーだったのです。

初期のTaimou

DallasがまだEnvyだった頃、Taimouは輝いていました。世界一のヒットスキャンでした。今は引退してしまったIDDQDも素晴らしいヒットスキャンでしたが、Taimouの方が上でした。彼の知名度を上げたのはこの時の活躍です。

TaimouはもともとCSGOのプレイヤーで、

www.youtube.com

OWに来たばかりの頃、彼のセンシは62cm/360だったと記憶しています。彼はCSGOのセンシをそのままOWに持ってきて、同じように素晴らしいエイムでわからせていたのです。

しかしその後、Taimouは死にます。

DallasになってからのTaimou

この頃かちょっと前から韓国人プレイヤーDPSが対等し始めます。今は引退してしまったESCAや、今でも活躍しているFleta、Munchikin、Nanohana、SBB、Pineなどです。この頃、ちょうど、OWのプロリーグはダイブオンリーという時代で、トレーサーやゲンジなどダイブ向けのヒーローが使われるようになります。韓国人プレイヤーはこれらのヒーローが得意でした。というのも彼らは相対的にハイセンシだからです。というか、韓国人が全員ハイセンシというわけではないため、これらのヒーローをプレイするためにハイセンシにしたという可能性もありますが、とにかく、彼らはものすごくエイムがいいというわけではありませんが、ダイブメタのOWではエイムが多少悪いことを帳消しにできるくらい有利で、強かったです。SBBが決してエイムがいいプレイヤーではないというのは、Twitchの配信でのマクリープレイなどを見ればわかると思います。彼はエイム単体で強いというよりは、ポジショニングやピックの幅など総合力で勝負しているプレイヤーというのが私の評価です。

手の小ささなどが要因となり、アジア人がハイセンシに向いてるという説も書いてますから、こちらも合わせて読むといいかもしれません。

www.akiradeveloper.com

とにかくその時期、Taimouが得意なマクリーやソルジャーはピックされにくくなります。トレーサーやゲンジも彼のセンシでは厳しいものがありました。彼は迷走して、センシを上げて(35cm/360くらいにしました)ゲンジやファラを使い始めますが、それがポンコツでした。検索結果にゲンジが出てくるのは、プレイがネタとして語り継がれているからです。ソルジャーやマクリー、ウィドウメイカーも死にました。Taimouは精神的に崩壊し、突然泣き出したこともありましたし、一時期フィンランドに帰省したりもしましたし、突然ウィンストンを使い始めたこともありました。これは結構うまくて笑えましたね。ただ、Taimouとしては面白くなかったそうです。彼自身、OWを駄目にしているのはエイムの必要ないヒーローがいて、スキルキャップを低くしてることであると述べていたり、エイムをしないならFPSではないという考え方ですから、ウィンストンはつまらなかったと思います。

この時期、同僚のEffectも精神崩壊したりして、Dallasのラインナップは荒れることになります。

Dallasはタンクやコーチをキックしたこともありましたが、Taimouをキックしなかったのは素晴らしいチームだと思っていました。それだけTaimouには可能性があったということだとも思います。

マクリーが強化されてTaimouがローセンシに戻ってきた

マクリーが強化されてから、Taimouは復活しました。そして最近、少しずつセンシを戻し始めたようです。センシ情報サイトによると、

f:id:akiradeveloper529:20190107140912p:plain

f:id:akiradeveloper529:20190107140915p:plain

12月16日の時点では43cm/360、12月30日の時点では57cm/360くらいです。

今後、彼のエイムは復活するでしょうし、現在最高のエイム力を持つCarpeをわからせて、世界一のDPSとして返り咲くことでしょう。

ジェフ、マクリーのナーフはするなよ。