テストステ論

京大卒の高テス協会会長がテストステロンに関する情報をお届けします

電話をかけてくるな。封筒を送ってくるな。

インターネットの発達した現代社会において、早く滅んだ方が良いと思ってるものがある。電話と封筒郵便だ。

まず電話。おれは知らない電話番号から電話がかかってきてもまず100%とらない。知らない電話番号はその電話番号をググってどの会社の電話番号かを調べた上で再コールしてきた場合のみとる。これについては面倒なので、会社だとかは電話をかけた時に名前が表示される機能があったら便利だと思う。

電話をかけるということは電話をかけたらとってもらえると思ってるのだろうが、知らない電話番号に出ることはリスクの高い行為だ。まず、こちらが男性なのか女性なのか、何歳くらいなのか特定されてしまうだけでも危ない。特に女性は危ない。それを元にしてストーカー行為に発展する可能性もある。名字などは絶対に名乗ってはならない。会社などで電話対応をしてる人は自社名を名乗ることが習慣づけられてるのでうっかり名字を言ってしまいそうだ。そんなやつが家族にいたらトロールでしかない。

次に封筒郵便。例えば保険会社とかクレジットカード会社とかから送られてくる封筒だ。あれもやめた方がいい。

まず、封筒を開けるということは見たことになってしまうということだ。可能性は低いものの、開けた瞬間に爆発する可能性だってある。だから本当に自分に関係あるかわからないのに封筒を開ける行為はリスクが高い。だからおれはほとんどの封筒はそもそも開けない。そしてゴミに出すわけだが、これはゴミに個人情報を含めてしまうことになる。そんなものを送ってくるというのは害でしかない。重要書類を燃やすためだけの特別サービスというのが実はヤマトなどが提供しているのだが、はっきり言ってそこまでするのはめんどくさい。もちろん自分でシュレッダーにかけるのもめんどくさい。

もし締切がすごく重要なものであれば封筒の表に締め切りを書くべきだ。それならば開ける確率は高くなる。そもそもその程度のこともしないのは、送ったら開けてもらえると勝手に思ってる甘えにほかならない。開けてもらう努力を怠るべきではない。

開けた場合もほとんどの場合、読みにくい。特に新しいサービスがありますと言われても、今のものとどう違うのか読まないとわからないし、価値があるかどうかわからないものを必死に読み解こうとするわけがない。だからせめて、15秒間斜め読みして分かるように一枚のまとめを添えるべきだ。論文でいうアブストラクトだが、それで関心をもってもらえなければ本編の方を読んでもらわなくても構わないくらいの気持ちで、そのまとめは本気で作った方がいい。書きたいことを全部べたーっと書かれた文章など、よほど暇な人間じゃないと誰も読まない。

共通するところとして、何かしたら必ず応答してもらえると思ってるところに昭和感がある。

これらのシステムでは時代遅れで、もうemailで送ってほしい。電話の方が効率が良い場合も、まずはemailでコンタクトをとってからしたらいい。まぁ、Githubが設計図共有サイトな国では無理か。