テストステ論

京大卒の高テス協会会長がテストステロンに関する情報をお届けします

第103回日本選手権予想(2019年)

去年はサニブラウンが出てなかったのであまり興味がなく予想しなかったが、今年はサニブラウンが出場するので予想する。

101回の時の予想がこれ。

www.akiradeveloper.com

一昨年の予想は、ケンブリッジ一位の予想が明らかに外れたと言ってもよいが、サニブラウンの台頭、またしても桐生がだめなこと、山縣の不調までは読めていた。今年も陸上予想家として力を発揮していく。競馬ならいざしらず陸上を予想するとは何事かと思うかも知れないが、おれは狂人なのでそんなことは気にしない。

100m

山縣が棄権ということで、かなり残念。多田のスタートは微妙だし、やはりスタートから伸びて終盤もそれほど減速しない山縣は、サニブラウンを多少焦らせる要因になり得た。彼を除くと、今回のメンバーの中にサニブラウンを脅かす存在はいない。多田の復調はまだ先か、今の方針を貫き続けた場合二度と来ないかも知れない。ケンブリッジはそのうち復調するとは思うが、今現在は調子と落としまくってるのでデーデーブルーノに負けるまであると読む。ナイキとの契約がどうなってるか心配。

1着 サニブラウン 9.93

9.97を出した時はめちゃくちゃな過密スケジュールで、それでも記録が出てしまったので現状として9.8台を出す能力はある。走りも後半は流れてしまっていたし、良い時の走りではなかった。日本に帰ってきておいしいものをパクパク食べて多少コンディション作りに失敗するだろうというのと、200mの19秒台の方に力を温存したいと思ってる、一度抜け出せば抜き返されるメンツではないと考えるから、ラストは多少流すだろうと予想しても、9.9前半は堅い。

2着 小池 10.01

今日本で一番強い男。引っ張られて伸びるタイプ。サニブラウンに引っ張られてPR更新。

3着 桐生 10.10

以前に比べると力はつけているが、今年も3着だろう。今の実力差だと序盤でサニブラウンが前に出てしまうから、それで焦って走りが崩れてしまうと思う。一旦走りが崩れるとだめなタイプ。

4着 白石きらら 10.15

最近力をつけてきているきらきらネームの超新星。多田にも常に先着している。ただ、まだ一線級と競り合うまではいかない。

5着 デーデーブルーノ 10.18

こちらも新星。まだまだ伸びる余地があり。体型とフォームが美しく、バネがあり、100m向き。ベストを大きく更新してきて5着に入る可能性がある。個人的にはサニブラウンの次に注目している。

デーデー・ブルーノ|プロフィール・経歴・走り方の紹介【陸上】 | 短距離走 資料館

200m

飯塚や藤光が明らかにピークを過ぎて落ち目になっており、期待していた犬塚くんもいまいち伸びないので19秒台を出せるのは現状ではサニブラウンだけでしょう。小池も強いけど、速いより強いという印象で、大幅に記録を伸ばしてくることはない。

1着 サニブラウン 19.97

流しても20秒1台では走れそう。少しギアを上げれば19秒台が出てしまうのではないかと思う。競り合う相手がいないので、その意味では全力では走れないかも知れないが、前に人がいない状態で気持ちよく自分の走りをする方が記録が出るタイプだと思うので、疲れがなければ記録は出ると思う。

2着 小池 20.20

2番手で独走状態になってしまうと思うが、100メートルまでサニブラウンにくらいついて、記録を伸ばしてほしい。

その他注目選手