テストステ論

京大卒の高テス協会会長がテストステロンに関する情報をお届けします

念願かなったり!!!多田修平がリレーメンバーから外れたらしい

2019年9月27日から始まるドーハ世界陸上で、400mのリレーメンバーから多田修平が外されてしまったらしい。

多田修平をリレーメンバーから外してほしい論 - テストステ論

おれは以前から、多田修平をリレーメンバーから外した方がいいという主張をしてたから、おれの主張が通ったことになる。テストステ論の大勝利と言ってよいだろう。

かの記事では、負けてピーピー泣いたり、同僚の快挙にも最速で祝うことが出来ない低テス(低テストステロンの意味)的精神性を指摘した。今回、リレーメンバーから外れたのは単に遅いからだと思うが、結果外れたのだから念願かなったりだ。

最強の男性ホルモン<テストステロン>の秘密

最強の男性ホルモン<テストステロン>の秘密

今回のリレーは、小池、白石、桐生、サニで行くようだ。おれは白石きららには非常に注目しているし、武井壮も次に9秒台を出すのは白石きららかも知れないと言ってる新星であり、今後のことも考えてリレーに入れたというのもありそうだ。実際に、この前のダイヤモンドリーグでの四走はふつうに速かった。

もし、山縣が万全だったら、山縣、小池、桐生、サニのオーダーが日本最強だとおれは思うが、山縣が怪我で走れない以上、今回のオーダーは日本最強だ。

一走の小池は200mも走るため、カーブからのスタートには慣れている。二走のきららは、200mも走る後半型の選手で、加速走ならば多田より明らかに速い。多田・小池と比べても、小池・きららの方が速いと思う。三走の桐生は、蘇炳添くらい速い。新しいスパイクがハマったらしく絶好調で、10秒フラットくらいのタイムを連発しており、ユーチューバーとしても面白く、最強の三走だ。日本陸上史に名三走として語り継がれる存在な気がする。四走サニブラウンは、世界最強クラスだろう。

ふつうにバトンがつながれば、日本記録は出てしまうようなメンバーだと思う。場合によっては金メダルもありえる。

多田についてだが、今後、彼は個人では世界陸上やオリンピックに出ることは難しいと思うし、リレーでも難しくなったと思う。例えば、白石きららが怪我をしても飯塚を出した方がいい。小池が怪我をしたら多田でいいと思うが、仮に山縣がいたら山縣を出したほうがいい。それに、下の世代からも良いのが育ってきており、今後さらに地位は危うくなっていく。

こう考えると、日本歴代7位の記録を持って、最近でも10秒15くらいで走ってる選手がリレーから外されてしまうというのは層の厚さを意味する。そのうち、9秒台の持ちタイムがなければリレーメンバーになれないような世界になるだろう。そんな国は、アメリカやジャマイカくらいだと思う。しかしこれらの国ですら常にではない。10秒台の選手が混ざってることだってあったはずだ。

ちなみにおれは、本当に残念なことで悲しみさえ覚えるが、多田修平からツイッターをブロックされている。なんらかの経路でおれのブログを読んだのか、とにかく、自分にとって都合の悪いことを言う人間はブロックするという精神性のようだ。

f:id:akiradeveloper529:20190909172252p:plain

ウサインボルトならば、「スターにアンチはつきものだ。勝手に言わせておけ」とでもいうだろう。そこをブロックで対処というのは、とても、日本代表レベルの陸上選手とは思えない。日本代表になるためにも、ブロックを解いていく必要があると思う。

プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ

プリズナートレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレ