テストステ論

京大卒の高テス協会会長がテストステロンに関する情報をお届けします

真・プログラマの三大美徳

最近、面白いツイートを見た。

プログラマの三大美徳は、怠惰・短気・傲慢と言われてきたけど、スクワット・ベンチプレス・デッドリフトが正しい。というのだ。まったくその通り。

パワーリフティングではこれをビッグスリーという。ビッグの意味は、人間の身体についている大きな筋肉をそれぞれ使うからである。多くのトレーニーはこの3つを主軸として、トレーニングメニューを組み立てる。いきなりアームカールを始めるやつは、まじのボディビルダーかあるいは素人だ。

私は、自分の職業は、プログラミングパワーリフターだと思っている。筋肉があるとテストステロンが高まる。テストステロンは、プログラマにとってもっとも重要なホルモンである。これはコードと闘うには闘争心が必要だからである。だから、まずパワーリフターであることが重要である。

今も、学生時代よりはだいぶ弱くなったが、パワーリフティングをしている。最新のトレーニング重量は、SQ160x8、BP87.5x7、DL165x4だ。体重は75kgと軽い。学生時代のようにただバルクアップを目指すというよりは、糖質制限をしつつリーンにパワーアップしていくということを目指している。結果として、糖質制限をはじめてからここ数ヶ月は順調に強くなっている。

糖質制限をすることによって、テストステロンが高まる。これと大量のタンパク質が、糖質セイゲニストが筋肥大する最大の根拠である。だから、糖質制限をした上でパワーリフティングをするのはプログラミングとの相性が大変よいのだ。

もし、私のようにコードが書けるようになりたいと思う人がいれば、まずはバーベルと闘うことだ。プログラミングなんかそれから始めればいい。