あけおめ2021

プログラマというものは境界にうるさいものだ。 12月31日と1月1日の間に何か特別な意味があるだろうか? 仮にそうだとして、1月1日と1月2日の間には違う意味があるのか? そんなことを考える。

当然、そんなことはない。

睡眠

しかし昨日は良く眠れた。 あまりに眠いので11時にベッディンし、 ツイッターを少々したあとに アガサ・クリスティの小説を読んでたら数ページで眠くなり就寝。 起きたのはなんと11時21分だった。良く寝た。

やはり、オーダーメイド枕にしてから睡眠が違う。 脳と筋肉を回復させるためには睡眠がもっとも大切な要素なので、 今年はわりといいマットレス(セミダブル)も買ったし、枕も買い替えた。 今年の冬はかなり寒く、やばいと思ったので掛け布団も買い替えた。 これはめちゃくちゃ暖かいからおすすめだ。しかも嵩ばらないから収納も楽。 しかし(?)、大人のお昼寝からは遠ざかっていて忸怩たる思いがある。

ベンチプレス

ベンチプレスはこの前やったら100kが8回出来た。換算120k。 今年はこれを120kgを8回にしたい。それがちょうどおれの全盛期の時くらいのパワーだ。

コロナのせいで治安が悪くなってきた。 しかし治安の悪さは筋肉をつける必要性につながる。必要性は、筋肥大を促す。 ポジティブにいえば、今は筋肥大に向いた時期なのだ。 ポジティブに行こう。

さて、2020年はどういう年だっただろうか。

Rustジョブ

去年の今頃は文字通り競プロで発狂してた。 ECR82: 今日のコンテストで自分の頭の悪さがわかった。死にたい。

確実に言えることは、自分を無職に追い込んで競プロをするのは良くないということだ。 競プロはマインドスポーツなので、ここで負けたらレートが落ちるというプレッシャーは コンテスト参加においてはマイナスにしか働かない。 そこで、仕事があり、精神的に安定した状態で趣味半分にやるのが一番良いという結論に至った。

というわけで、 競プロのためにも就職した方良いということがわかり、 就職先を探していたところ、幸運なことにRustジョブを得られた。 というわけで5月から粛々とRustを書いている。

就職に関しては、最低限のAtCoder水色に到達していたので、これは多少は助かった。 予定では、就職してから競プロをやるつもりだったが、実開発が面白いため、全く戻れていない。 しかし、麻布高校卒で水色はださいという思いがあり、悩んでいる。

Rustジョブでは、 作ってるソフトウェアの下支えとなる Raftライブラリlol を作ったのが2020年の主な仕事だった。 このライブラリは、自分的にはかなりいいものを作っているという自覚があり、 外部にもユーザを見つけられる良い基盤にするために改良を続けていく。

内部には他にも大量のRustコードがあり、国内でいえばRustの応用としてはかなり大きい方のプロジェクトになるはず。 コードの質はまちまちだが、最近のものはそれなりに良くなっている。

Rustジョブの広まりについていえば、 小さいプロジェクトでRustを使ってみたみたいな話はよく聞くようになったが、 こういう中規模以上のRustプロジェクトをやるところが増えればいいなぁと思う。 本当はRustを書きたいのに、仕事ではRustを書けてないという人は結構いるはずだ。 海外では、Rustを使っているプロジェクトもベンチャーを中心に結構生まれているのだが、 日本だとベンチャーからの求人はGoが圧倒的に多い。 Goの何がいいのかさっぱりわからない。Rustを書けよRustを。

他には、最近作っているユーザランドIOのための基盤 userland-ioも、 独自にカーネルモジュールを作り、それとユーザランドを連携させるという カーネルとRustの技術がないと出来ないものになっていて、いかにもおれらしいので 好んでいる。このプロジェクトも実現しようとしていること自体は間違ってないはずだという自信があり、今後伸ばしていきたい。

いざとなったらカーネルモジュールを書くことをいとわないRustプログラマは、価値があるはずだ。

引っ越し

コロナ以前からおれはリモートワークが中心で、 今ななおのこと東京に住んでいる意味が全く感じられなくなったので郊外に引っ越したいという思いがある。 そのために自転車も処分した。 10年前に買ったロードバイクを売った

引っ越すとしても、来いと言われた時に東京に来れる距離の方がいいと思うので、 神奈川のどっかかが一番有力で、他には千葉とか埼玉とか。 東京の西の方でも静かで良いと思う。武蔵野台地は地震にも強そうだし。

ここに引っ越してきた時に、次に引っ越す時は結婚した時だと思っていて、 それからもうかれこれ7年くらい経ってしまったわけだが、どうにもこうにも結婚する気配がないため、 一人でもう少し広い家に引っ越して、ホームジムを作ろうかなと思っている。

おれも今年で37になる。男の方だって年齢が行けば精子の稼働率が悪くなるはずで、 子供が欲しいならそろそろ結婚しないとやばいということはわかっている。 しかし、相手がいない。おれの遺伝子はゴミと判定されてしまった。絶望。


このエントリーをはてなブックマークに追加

See also