高学歴がやるべきゲームとは。FPSに関わるな

ゲームブログを畳もうかと思ってる

おれのメインブログはこのテストステ論だが、 もう1つ、GAAブログというゲームに関するブログをやっている。

過去にはこのブログでやっていたのだが、 読者層が全く異なるという理由からスピンアウトさせた経緯がある。

【SEO】ゲーム系の記事をスピンアウトさせた理由

今、このブログを畳むことを考えている。 おれが書いたエイミングに関する記事が時々言及されることや、 コミュニティ全体のエイミング技術の最低ラインの引き上げに繋がっているということもいくらかは事実であり、 それこそがおれがブログを書いていた理由でもあるのだが、 残念ながらおれにとってそれはもうどうでもよくなりかけている。

理由は、おれ自身がもうFPS(First Person Shooter. 銃を持って戦うゲームのこと) への興味を失っているし、 気晴らしにエンジョイでやる以上には考えたくないからだ。 実際に、ほぼ一年に渡って、更新をしていない程度には興味を失っている。 以前は暇があればノートに図や数式を書いて、エイムについて数学的な考察をしていたものだが、 もうすっかりそんなことはなくなってしまった。

こうなった今、ずいぶん先までドメインを買ってしまっているためもったいないが、 興味がないならば潔く畳んでしまうのが正道ではないかという気がしている。

こう思うようになったのは、 FPSを上達するのはとても時間がかかることであり、 その時間を他のこと、例えば競技プログラミングや囲碁のようにもっと実のあること、に使いたいと思うというのもあるが、 それ以前の問題として、FPSを真剣にやろうと思うのがバカバカしくなってきたからだ。

FPSは最底辺のコミュニティだ

FPSコミュニティというのはとてつもなく程度の低いコミュニティだ。 煽り、罵り、無気力プレイ(トロール・スロー)、こういったものが横行している。 これを、プレイヤー層が若いからだ、で片付ける人間がいるがおれはそうは思わない。 これは、社会的階層の問題である。 学業やスポーツで落ちこぼれ、現在社会の底辺を生きている、あるいはその候補生たちのたまり場がFPSだ。 もちろんこれは全員のことを言うわけではない。ただ、総体としてそういう傾向があると言っているわけである。 何ごとにも例外は存在する。

過去に配信をしていた頃には、そういった底辺の人間に粘着されて本当に嫌な思いをしたこともあった。 例としては、ストリームスナイピング(配信を見ながら同タイミングでマッチングを開始して、同じ試合に入る行為)をして、 同チームに入ってわざと無気力プレイをされたこともあった。

おれと彼らの時間の価値は異なる。 おれは価値のある時間を使ってゲームをしているのに、それをゴミ同然の人間に台無しにされることは 恐ろしく腹立たしいことであった。 そうやって怒るおれを見て、楽しむというのが彼らの理屈らしいのだが、 おれにはどこが楽しいのかがよくわからなかった。 真面目にプレイして、上達する。仮に負けたとしても張りのある試合をする。 こういった点にしか面白さを感じられない。 学業やスポーツなどでがんばった経験がある人間であれば、当然同じように思うはずだ。 つまり、彼らは違うのだ。異文化の人間である。 こういった連中とランダムにチームを組まされてプレイすることは、時間の無駄以上の何ものでもない。 事実、カルチャーショックのような感覚を味わったのを覚えている。 おれの周りにはいない人種に触れた瞬間であった。

FPSの世界には、違法ソフト(チート)を使って自分の実力ではなく、違法の力で他プレイヤーを蹂躙することを 楽しむ人間もいる。 スポーツの世界でドーピングが問題となっているが、チートというのはそんなものではない。 ロケットブースターをつけて短距離走に出るようなものである。 この精神性は、日々努力をし、正々堂々とを勝負することが正しいと疑わない層の人間にとっては 理解しがたいものであるが、こういったことを悪いと思わない人間もいるのだ。みなさんには信じられないと思う。 おれにもしばらくは信じられなかった。

プロチームのオーナーが所属するプレイヤーを恫喝する 音声が流出し、話題となったこともあった。 ああいうのを見ても、基本的にそういうコミュニティだから当然だとしか思わなかった。

FPSには関わるな

以前に、開成だか筑駒だかに合格された家庭のゲームに対する方針で、 Fortnite(人気のFPSゲーム)は禁止したけど、パズルゲームならば許したという記事を目にしたことがある。 この親は、こういったゲームは終わりがないからという理由で禁止したというが、 おれがその親の立場であれば、「開成や筑駒を目指すようなエリートの卵がFPSコミュニティと関わっても損しかしない」 という理由で禁止しただろう。

温室育ちの人間にとって、世の中にそういう人種がいることを知ることには、一定の意味はあるだろう。 しかし、人間不信に陥ったりする場合もあるだろうし、負の要素の方が大きい。 特に、青年期に関わることは、人格形成に問題が出る。

もしあなたが現実社会を正々堂々と戦っている人間であれば、 FPSに関わることだけはやめた方がいい。彼らは倫理観の全く異なる社会的底辺層の人間の集まりだから。 おれはFPSを始めて間もない頃に、 あるプレイヤーに「あきらさんは京大卒なのにFPSなんかやってて物好きなんですね」と言われたことがあるが、 当時は何のことだか全くわからなかったが、今考えるとそのとおりだった。

中学受験をしているみなさん、一流大学を目指すみなさん、 みなさんには同じ過ちを犯してほしくない。 FPSに関わらないでほしい。

おすすめのゲームジャンル

では、みなさんにおすすめのゲームは何だろうか。

オンラインゲームの中でも、 パズルゲーム(ぷよぷよ、テトリスなど)、レーシングゲームは治安もいいし、 低層の人間がいないからおすすめ出来る。 パズルゲームをする人間は高学歴が多いし、 レーシングゲームなどもそもそも車やバイクが好きという人が ゲームもするというパターンが多い。 格闘ゲームも、個人の能力で完結するし、 武道に通ずる点もあり治安が良い印象がある。 シングルプレイのゲームを楽しむのも良いと思う。

FPSにも、競技性の高いチームベースのゲームもあれば、 勝敗が実質的に無価値なカジュアルなゲーム、あるいはエイミングゲームのように 個人の能力のみが試されるゲームなど色々なジャンルがあるのだが、 どれか一つに手をつけると、そこをきっかけとして結局全部やって不幸になる のがオチだから一切関わらない方がいい。

関連記事