暗号資産を400万ほど買った。

暗号資産を買ってみた

沈みゆく国ニッポンのゴミ通貨 なんか持っていてもしょうがないので、 小さな投資をやろうかと思っている。 基本的には株を考えている。

ただ株だけだと面白みに欠けるため、 暗号資産のことを少し勉強してみた。 結論として、暗号資産は十分に将来性のある技術だということになった。

おれはこれまで、ビットコインというものを一切信用していなかった。 それは仮想通貨ではなくむしろ幻想通貨と呼んだ方がよいのではないかと思っていた。 ネットで知り合った知人に、ビットコインで儲かる方法について教わったこともあったが、 どうも胡散臭いという感覚だった。

おれがビットコインについてざっと勉強したところによると、 将来性についてはそう悲観することはなく、 むしろ長期保持するのであればかなり楽観的に考えてもよいのではないかと という考えに変わった。 何より、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)というアルゴリズムが面白い。 結論として、全財産を賭けるのは厳しいが、4-500万くらいであればぶっこんでもいいということになった。

そこで、400万ほど振り込んで、1BTCと5ETHを買ってみた。

ビットコインは1億円になる

おれが暗号資産に対してどの程度の将来性を感じているかを話すと、 おれは、1BTCが将来的に1億円なっても不思議ではないと考えている。

なぜ1億かというと、1億くらいはないとビットコインが世界経済に与える影響力がないからだ。 1億円 x 2100万枚は、2.1ペタ円であり、これは2100兆円だ。 日本の国家予算が300兆円なので、仮に1BTC1000万円くらいに留まると、 ビットコインが世界の覇者になっていないことになる。 逆にいうと、ビットコインが世界の覇者になった世界であれば 1億円くらいは行ってるだろうと思うのだ。

ビットコインの総枚数は2100万枚に限られる。 面白い点は、最終状態に近づくにつれて、発掘に対して負のフィードバックをかけることだ。 これを半減期というのだが、ブロックの計算に対するBTC報酬を半分にしていく。

そうするとどうなるか? これには2つの可能性がある。 マイナーが全員逃げてしまい発掘されなくなってしまうという可能性と、 報酬が一定になるようにBTCの価格が上がるという可能性だ。 このうち実際には後者が選ばれ続けてきた。

なぜ後者が選ばれるのかというと、ブロックの計算が分散処理可能だからだ。 だから、個人で計算機を並べたり、そうでなくとも他人と協業して対価を分配するということが出来る。 もし、ブロックの計算が1CPUで閉じたスケールしないものであったならば、1つ目の可能性が確実に選択されたはずだ。 このPoWの特性により、BTCは今後も安定的に価格が上がり続けると思う。

ビットコインの敵は核融合

さて、ビットコインの敵は何かというと、 採掘コストの低下だ。 なぜならば、PoWは1BTCあたりの採掘コストが 1BTCの価格にダイレクトに影響するからだ。

この点について 一番の敵は何かというと、 やはり核融合だろう。核融合が出来てしまうと、 電力問題はほぼ解消されてしまうことになる。 しかしその場合でも、やはり電力を使うためには半導体が必要である。 だから結局、採掘コストのうち電力が解消されるだけで、 半導体の分は解消されない。 また、計算をすれば熱も発生するが、電力だけではこれを冷却する ことは出来ない。 だから、採掘コストは容易に下がらない。 それにそもそも、核融合自体これから10年の間に完成し、 運用されるようなものではない。 だから、採掘コストが下がることはないと考えた。

他に敵がいるとすれば、法律だが、 これについては、採掘が90%済んだ今の時点で取り締まられていないならば、 今後も理不尽レベルのことは起きないと考える。

ビットコインとイーサリウム

おれはビットコインの他、イーサリウムも5枚買ったわけだが、 これはリスクヘッジである。

今回投資した400万円というのはおれの中では、 論理的に考えて今後も長期的には伸び続ける可能性が高いものであれば、 最悪0になることも覚悟で突っ込める上限なのだが、 その中でもやはり多少のリスクヘッジはしたい。

ビットコインとイーサリウムはアルゴリズムが異なる。 ビットコインがPoWを採用していることはすでに話したが、 イーサリウムは最近のアップデート「マージ」によってプルーフ・オブ・ステーク(PoS)というアルゴリズムに変更した。

PoWの問題点は、環境負荷が高いことであるが、 PoSはこの問題点を改善する。 PoSの世界では、たくさんのコインを持ってるやつは信頼出来るという 仮説を元にコンセンサスを形成する。 たくさんのETHを持っているやつはETHの世界が破綻しては困るから、 そいつが下す決定は信頼出来るというものである。 金持ち喧嘩せずみたいな話だ。

PoWの世界にマッピングするならば、 たくさんのコインを持ってるやつはそのコインに比例した パワーを持つ仮想の計算機を持ってるような世界を作るということである。 仮想の計算機なので、実際には計算は行わない。 だから、環境に優しい。 一方でデメリットとしては以下のようなことが考えられる。 これらの理由で、PoSは破綻する可能性がある。

  • パワーを持ち続けるためにはコインを保有し続ける必要があるから、流通を妨げる方向に力が働く。
  • たくさん持ってるやつが強いというのは例えるならば、保有資産に応じて投票数が決められるようなものであり、 これ自体が、暗号資産が絶対に放棄してはならない民主主義に反している可能性がある。

このように、ビットコインとイーサリウムでは、 アルゴリズムに 表と裏のような関係がある。 だから、リスクヘッジになる。

結局どっちが勝つだろうか? おれは、安定的に伸び続けることが確信出来るのはPoWの方だと思う。 しかし一方でPoWは環境負荷が高いことは事実で、これに対して何らかの制限がかかることは考えられる。 この場合、PoWは失敗ということになるから、 その問題を解決しているPoSが勝つ。 逆にもしPoSが負けるような展開であれば、PoWが勝つ。 どちらかが勝つ展開であれば負けた方が0になってもトータルでは十分に勝てるから、 おれはビットコインとイーサリウムの両方を買ったということになる。

今回買った1BTCと5ETHが 今後どうなるかはははっきり言ってわからないが、 暗号資産関連についてはこれを機に継続して調べていくつもりだ。 Youtubeなどでも話す可能性があるから、チャンネル登録をしなさい。GAAラジオ

関連記事


おすすめサプリです。おれも飲んでます。