GoodNotesのためだけにiPad Proを買ってしまおう

優雅な朝は、公園のベンチに座りながらマスターオブ整数をiPad Proをノート替わりにして解くことから始まる。 ビル・ゲイツよりリッチである必要はどこにもない。精神的にリッチであることが大切なのだ。

https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/784bea1f04ee348c1083b20ca6b2b4ad7cfc8c29/50cda/images/1589326694.webp

おれはこのGoodNotesというアプリのためだけに、iPad Pro(アイパ)とApple Pencil 2(アッポーペン)を買ってしまったことを全く後悔していないどころか、 もっと早く買わなかったことを後悔しているのだ。

それくらいいい。もう紙ノートには戻れない。 新型コロナウイルスで、ニューノーマルの世界では貸しオフィス業や飲食が縮退するだとか言われているけど、 これがおれの「ニューノーマル」。紙ノートはもういらない。

GoodNotesがどういうアプリであるか詳しいことは 海外の一流大学に通う意識の高い学生がGoodNotesを使って勉強してるクソみたいな動画が Youtubeに山ほど転がってるからそれを見てもらうとして、 おれはめんどうなので言葉で並べるとすると、

  • 電子ノートである
  • ノートブックとページという階層がある
  • ページ一覧をサムネイル形式で並べることが出来るため、過去に書いたページに簡単にたどり着くことが出来る。紙ノートのように、どこに書いたかなぁなんて言いながら探す必要はない
  • ページのフォーマットは縦横、大きさ、罫線あるなしなど自由に選択出来る
  • 当然、ページ数は無限だから、ノートを使い切ったから新しいノートにする必要もない。当然、競技プログラミングのコンテスト中にページがなくなるのが不安だから毎回新しいノートを用意する必要もない
  • ペンの太さ、色は当然だが、アッポーペンをダブルタップすることで消しゴムに切り替えることが出来る。消しゴムの大きさも当然選べる。おれのように字を丁寧に書く気がそもそもないクズにとっては、読めない字を書いてしまったと思った瞬間にすぐ消せる機能が必要だ
  • 図や文字を切り取って、配置を変えることが出来る
  • 当然、画像などメディアを貼り付けることも可能

紙ならぬ神といえる。

このツールがあるとノートをとることが恐ろしく快適になり、楽しくなる。 やはり、勉強したり、調査したりする時は手書きが一番だと思う。 過去には、Boogie Boardという石板を電子化してみたようなものを買ったこともあるが、 比べ物にならない。

今、新型コロナの影響で学校や塾はオンライン化してるわけだが、 生徒全員がアイパとアッポーペンを持っていて、教科書もすべてキンドルで電子化されていれば、 どれだけ便利だろうかと思う。 当然、オンライン授業は受けれるし、教科書やノートでランドセルがかさばることもない。 知らぬ間にランドセルが開けられていて、おろした瞬間に中身がぶちまけられるなんていういじめもなくなる。 まぁ実際、私立の学校ではそうしている学校もあるだろうし、 こういったツールの面からも格差はどんどん開いていく。 何がClassiだ。

旅行に行く時ももう、Macbookを持っていく必要はないかも知れない。 カメラは最高だし、プログラミング以外ならこれ一枚でなんでも出来る。

そもそも、アイパを買おうと思ったきっかけは、 最上級国民(競技プログラミングの上位勢)がアイパを使って優雅に考察しているというのを知ったからで、 アイパを買えばまた競技プログラミングを始める気持ちが戻るかと思って買ってみたということである。 実際、こうやって数学の勉強からリハビリをはじめることが出来ている。 精神的なダメージが大きいのといろいろと忙しいこともあり、コンテストに復帰するのはすぐにとはならないが、 これならばじきに復帰出来ると思う。 競技プログラミングに復帰出来るならばそもそも、10万20万それどころか100万払っても何も惜しくない。 アイパが高いという人は、人生が安いのだろう。歯列矯正とかと同じだ。

ちなみに、おれが買ったのは11インチの256GBモデルだ。 まずサイズについていうと、11インチは十分に大きいし、すでに十分に重いので、 12.9インチにすればよかったとは全く思わない。 それにこれより大きいと、持ち運ぶためのカバンも限られてしまう。 さすがに手で持ち運ぶのは、落下が怖い。 次に容量だが、おれはYoutubeの動画を旅行先で撮るために使うかも知れない前提で少し大きいモデルを買ったが、 ほとんどのユーザにとっては128GBで何ら問題がないはずだ。 その気になればデータはクラウドに置けるわけだし。

最後に、アイパを買うとなるといわゆる風呂蓋は買いたくなるものだ。 これがあるとアイパを立て掛けて本を読むのも快適になるし、変な傷をつくことを防ぐことにもなる。 特に裏面などに傷がつくと、仮に売却する時にも査定が下がるから、なんらかのカバーはつけた方がいい。 おれが買ったのはこれ。アッポーペンをアイパ本体にひっつけて携帯(そして充電)することが出来る仕組みになっているのだが、 それを考慮したカバーの作りになっている。色々なメーカーが出していて迷うだろうけど、これはおれが使ってるから間違いない。

ペンでこすった時に傷がつくと嫌だから、 画面に保護シートをつける人がいるかも知れないが、 そんなことはアップルで十分に対策されているだろうからおれはシートは貼ってない。 少なくとも純正のアッポーペンでこする分にはどうもならないはずだ。 また、ペンを滑りにくくして紙に書いているのと同様の書き心地にするシートも売っているのだが、 これは摩擦を増やし、ペン先の摩耗を早くするという話があるため、これも貼ってない。 アクセサリーは風呂蓋だけで十分だと思う。


このエントリーをはてなブックマークに追加

See also