中大卒の飯塚翔太選手がYoutuberをはじめたがステキッズに嫌がらせされてるから、適当に意見言っとくか

中央大法学部卒の飯塚翔太選手(ミズノ所属)がYoutuberをはじめました。早速ですが、高評価・低評価の数を見てみましょう。

https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/e578bb39b71469163730ce9260b4985d330082cd/2fbe0/images/1565674376.png

他にも数本動画を出していますが、全部こんな感じです。

飯塚翔太選手は偉大なアスリートである

飯塚翔太選手は、身長が185cmと日本人にしてはかなり高く、しかも78キロのがっちりした体格を持ち、和製ボルトと呼ばれる短距離の選手です。実際に2010年の世界ジュニア選手権では200mで優勝し、これは日本人初の快挙でした。その後はサニブラウン選手が同じような世界ユースという大会で2冠していますが、ジュニアで世界一をとったのは飯塚選手が初めてです。

その後、決して順調というわけではないですが、100mは10.08、200mは20.11とどちらも日本歴代トップレベルの成績を出しています。200mの20.11というのは、同じく100も200も走り、100mは9秒台の記録を持つサニブラウン選手や小池選手ですら、走っていない記録です。それだけ難しい記録だということが言えると思います。

100と200を両方走る選手は後半タイプであることが条件で、飯塚選手も100m200m両方で後半にぐいぐい伸びる(というかあまり落ちないと言った方が正確)選手です。リオ五輪の銀メダルでは2走を任されており、2走というのはバトンパスを考えると最長では120mくらい長い距離を走ることになる区間ですから、それだけ飯塚選手の伸びが信用されているということだといえます。

最近、陸上短距離の選手は桐生選手もそうですし、次々とYoutubeを始めています。今、陸上短距離が注目されはじめており、協会から発信を促されているということだと推察しますが、だとしたら飯塚選手のYoutubeが低評価の嵐なのはかわいそうとしか言いようがありません。私もYoutuberの端くれですから、意味もなく低評価をつけられるのが苦痛というのはわかります。これがストレスになって、競技に影響しないことを願っています。

また、もっというと、これをきっかけに、他のアスリートがユーチューブのチャンネルをもち情報発信することをためらってしまうのではないかと懸念しています。

ステキッズが荒らしてる

ふつう、このような有名でクリーンなアスリートがYoutubeをはじめると、高評価が多くなるものです。私も実際には高評価1900、2桁前半低評価が妥当だと思います。しかし実際には1200も低評価がついています。この異常な自体はどこから来ているのでしょうか?

コメントを抜粋します。

  • 誰とは言わないけどコラボ待ってます
  • コメント欄、案の定で草
  • ス テ ハ ゲ か ら き た
  • ???「空気椅子、それ意味無いからwwww」

これでわかると思いますが、彼らはステハゲのチャンネルから来ています。彼らはステキッズと呼ばれます。

ステハゲは確信犯

ステハゲが飯塚選手のことをネタにして、バカにしてる動画が発端です。

中大から叱られたのだと思いますが、2019年8月20日現在、すでに動画は削除されています。

彼は、のちに「こうなるとは思ってなかった」「みんな、他人に迷惑をかけるのはやめてくれ」という動画を出してはいますが、他の例を見ても、自分が飯塚選手をネタにすればこうなってしまうことは事前にわかっていたことと考えます。

つまり、ステハゲは確信犯であると言えます。

ゲーム配信界隈でもある話。重く考えるべき

こういう行為を他人を「おもちゃ」にするとネットでは表現します。そして、そのおもちゃが面白くなくなると「おもちゃが壊れた」と表現します。

そもそもこの低俗な行為がどこからやってきたかというと、私はお笑いだと考えています。吉本のお笑いが全国に広がり、いじられることを「おいしい」と表現しました。松本人志や北野武は今では偉そうな顔をしていますが、このような文化を広めた張本人です。だから私は悪人だと思います。お笑いのいじりは確かにおいしいのかも知れませんが、それを、一般人がやるとただのいじめにしかなりません。

こういった現象は、何もステハゲ界隈だけ起こっているわけではなくて、たぶんはじめしゃちょーとかその他の有名ユーチューバーでも起こっているでしょうし、ゲームでは、KUNというユーチューバーの界隈でも起こっています。同様に、他のチャンネルに行き、「KUNさんの方がうまい」「KUNさんとどういう関係ですか?」など、脈略のないコメントをして荒らすしています。彼らはKUNキッズと呼ばれます。最近では、がっせいというTwitchでOWをしている配信者からもがっせいキッズが生まれ、他の配信者のチャンネルを荒らしています。

彼らは「自分ではどうしようもない」と何の対策もしないのですが、本当にそうでしょうか?私はこれをキッズ商法と呼んでいます。本当の子供や、精神年齢の低い大人に好まれることで自分の人気をかさ増しするという手法ですが、これは少なくとも広告業界にとっては害でしかありません。なぜならば、本質的に有効なインプレッションが低くなるからです。

Youtubeでは、こういったこともあり、ゲーム系動画は少しずつ広告が剥がされています。炎上を楽しいと思えるキッズをターゲットにした過激な物申す系なども剥がされているようです。変化は遅いですが、それでも確実に、キッズ商法によってエコシステムが破壊されていっています。なぜ変化が遅いかというと、「こういうやつに広告をつけるのは悪影響だ」と判断出来るまでに時間がかかるからです。本来なら、法律で取り締まられる類のものだと私は考えます。

さて、「自分ではどうしようもない」というのは本当かと考えると、私はそうではなく、単にチャンネルをやめて二度と配信しなければ済む話だと思います。社会にとって何の価値もないどころかただ害にしかならないことを続けることには何の意味もないです。

次にステハゲにおもちゃにされるアスリートは誰か?

中大出身のアスリートはあまり多くないですが、大東文化大学出身のアスリートは多いです。特に、今ノリノリの白石きらら選手は大東文化大学のスポーツ科出身と、ステハゲと丸かぶりなので、狙われる可能性が高いです。女子の、土井杏南選手も同様です。大東文化大学出身のアスリートは他にもたくさんいると思います。

ステハゲさん、狙わないでくれやーす。


このエントリーをはてなブックマークに追加

See also