【東大理3】ルシファー、底辺系ユーチューバーのネタになる

銀歯というユーチューバーがいる。 自称、底辺系ユーチューバーで、さまざまな底辺職場を渡り歩いた経験を元に 世の中の底辺人間たちの心をぐっと掴んでいるユーチューバーだ。登録者は1万人以上いる。

その銀歯が、ルシファーについて語った。銀歯はなかなか良い絵を描く。

おれは 【東大理3】ルシファーは本当に筑駒でいじめられたのだろうか? でルシファーは関わってはならないやばいやつなのではないか と考え、ルシファー事業から撤退することを決めたわけだが、 実際そう判断に至ったのは銀歯のルシファーに対する評価を元にしてのことだった。

銀歯は、多くの底辺職場を渡り歩いてきた。 そこには多くの底辺人間がいた。 底辺人間は、発達障害の人間も多く、 銀歯は彼らを愉快な仲間たちとして物語ることで人気を得てきたわけであるが、 その銀歯から見ると、ルシファーは底辺職場にいるような人間と同じやばいニオイがするという。

銀歯はいわば、底辺学の権威だ。その権威が、ルシファーはやばいニオイがすると言ってるのだから、 やはりそうなのだろうと思ったわけだ。 これは、多くの人間にとっては自明なことだったかも知れない。 しかしおれも相当に温室育ちの人間だから、やばい人間を嗅ぎ分ける能力は劣っているという自覚はあり、 ルシファーがやばいという認識を実はあまり持っていなかった。 しかし権威がそういうのだから、きっとそうなのだろうと思い、認識を改めた。

ありがとう銀歯。お礼に本を宣伝しておくよ。

関連記事