郵便はオワコン

もう郵便の時代は終わった。うざいのでこの世から消えて欲しい。

Amazonの再配達リトライについて、郵便はリトライをしない。クロネコや佐川は何度もリトライするにも関わらずである。

再配達を依頼した時の事、郵便はいつまで経っても来なかった。1時間経っても来ない。いい加減、待つのも疲れたので、マンションの宅配ボックスを確かめにいくと入っていた。荷物さえ届ければ依頼主をいつまでも待たせていいと言ってるわけだが、どういう根性してるのだろうか?

さきほどポストを見たら、不愉快な手紙が入っていた。

弊社では、郵便物等の配達に当たっては、お客様の表札、あるいは、お客様から申し出のあった転居届によりお届け先を確認しております。しかしながら、お客様あての郵便物等については、前記の方法によりお届けの確認が出来ないため、配達の出来ない状況にありますので、(裏面に住所を書いて投函しろ)

はぁ???????読んでぽかーんとなっていた。いやお前、おれのポストに入れてるじゃないか。おれがおれだと特定してるじゃないか?配達の出来ない状況とはどういうことなのだろうか?そもそもこれは誰に向けた手紙なのだ?何も書いてないが・・・。

しばらく悩んで理解した。これは前の借り主宛てだ。たぶん、11月に引っ越しをして転居届を出したが、猶予の一年が切れたので「今の住所を教えろ」となぜかおれの郵便ポストに入れているのだ。もちろん、このハガキが正しい宛先に届くことは永遠にない。

なぜ、こういうわけの分からないことをするのだろうか。気持ち悪い。このわけの分からないルールに巻き込まれて、本当におれ宛ての荷物が届かなくなるのではないかと恐れている。なぜこんな気持ちにならないといけないのだろうか?日本郵便は気持ち悪いのでこの世から消えて欲しい。もう日本は嫌だ。早く国外逃亡したい。


このエントリーをはてなブックマークに追加

See also