【二月の勝者】まるみ。自分の意志で中学受験することの重要性

この子が好きだ。他の子が全員全落ちしても、この子だけはJGに受からなければならない。 あまりにもかわいい子で、この子を落とすことだけは絶対に許さない。許さんぞおおおお!!!

柴田まるみは内向的な子で、小学校では完全に孤立してしまった。 家の前を通る同級生を見て、慌てて身を隠すシーンから、いじめにあったことも想像される。 という背景があり、公立の中学に行くことを避けるために、とにかく離れたところにある中学に進学するという理由で 中学受験を始めた。 漫画がはじまった当時の偏差値は50だが、志望校の偏差値は40であった。

しかしR組への刺激策として塾の卒業生たちが来た時、 たまたまそこでJGの子と話したことでJGに対する憧れを持ち、 あまりにかけ離れた目標だとは理解しつつも、JGを志望することを黒木に告げるのであった。

「は、恥ずかしいんですけど・・・その、じょ、じょ・・・」

https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/d8107f90616435ce46dda89e35a039dae5b8a303/db713/images/1587473590.webp

黒木「JG・・・!目指しましょう・・・!!」

まるみのセリフは、スラムダンク三井の「バスケがしたいです」に相当し、 黒木の言葉はブラックジャックの「それを聞きたかった」に相当すると考えれば、 名シーンの組み合わせであり、鳥肌が立った人も多いのではないか。

それからまるみの成績は一気に伸び、A組に上がり、A組からΩ組への選抜テストを見事に勝ち抜き、 一気にΩ組に駆け上がるのである。 もともと国語が出来る子だったので、他の科目もやれば伸びる素地は十分に出来ていたというわけである。

中学受験を自分の意志で始めることは大切なことなのだが、 作者はまるみを使ってそれを表現しようとしている。

しかし、Ω組では、周りのレベルの高さ、授業の進度に圧倒されてしまう。 とりわけ、親しくしているジュリとの圧倒的な算数センスの差に絶望し、 同じJGを目指しているということがあまりに非現実的なことに思えてくる。 そして、合宿の帰りに「JGなんて夢みてバカだった・・・あたしなんかが受かりっこない」と言って泣き崩れるわけである。

https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/901e8f1c9fea2dea0007029c44ea8d043c6944c5/ce605/images/1587473618.webp

おれはそうは思わないが。

がんばれまるみ。おれのまるみ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

See also