【二月の勝者】「元」二月の勝者による合格予想

「二月の勝者」という中学受験を題材とした漫画が流行っていて、今度ドラマ化もされる予定ということで、 中学受験経験者(麻布中合格)のおれが、主要登場人物の合格予想をしてみたい。

ビールを飲みながら1-7巻まで一気に読みました。

上杉くん

麻布合格。

フェニックスS1の上杉(通称フェニ杉)の双子。双子とか兄弟の知能は大体同じだから、このまま伸びていくはず。 7巻ラストには、志望校を麻布に上げるような描写がある。

むしろ現状順調なフェニ杉の方が危険な気がする。 フェニ杉の成績が下がってきて、家庭内不和が描かれる可能性がある。 フェニ杉の桜花への転塾に期待。 その場合、灰谷の絶望が描かれてメシウマ。おれは灰谷嫌い。

まるみと直江との間で「伸びしろ」に関する会話が行われたこともフラグに見える。

まるみ

JG合格。

天才臭がする。不登校少女で、どこか離れたところにある私立に入ることが中学受験をはじめた理由だったが、JGへの憧れによって才能が開花。最下位のRクラスから一瞬にして最上位のΩクラスに到達。

大人っぽい子なので、下の名前で呼びたい。

国語がもともと出来る子なので、他の科目も出来るようになる素地がある。 おそらく今後算数も伸びるでしょう。 全科目の基礎は国語というのは中学受験の常識なので、おそらくまるみの成績が伸びてることについて 黒木がこれをドヤ顔で説明するシーンも出てくるはず。

かれんちゃん

桜蔭合格。

これは堅い気がする。非常に桜蔭臭がする。

島津くん

開成落ち。

父親がクズ。親が離婚して、中学受験やめると思う。島津くんが家出した回では、涙が止まらなかった。 根はいい子なのだが、生まれた家庭が悪かった。 中学受験は「運」だ。

父親がクズすぎて見ていて辛い。

島津くんの件について黒木はそこまで深くタッチしていないが、 今後、踏み込んでいくことになりそう。 またその際に、黒木の過去や課外活動についても明らかになっていく可能性が高い。

直江ちゃん

JG合格と言いたいが、落ちる可能性もある。

算数の天才。おれに似てる。4年まではふつうだったが、一気に伸びて5年からずっとトップレベルというのも似てる。

柴田と一緒に合格するように描かれているが、そう順調とは行かないかも知れない。 志望校別コースでは直江の方がJGクラスに入ることが出来たが、このまますんなり行くとは思えない。 成績が下がってきて、クラス逆転した結果、まるみとの不和が描かれる可能性もある。

もし受かるとしたら、繰り上げで合格じゃないかな。 この二人の不和は一度描かれないとリアリティがない。 両方すんなり合格サクラサクはありえない。

百合を期待。

加藤くん

もしかしたら直前に志望校を麻布に上げて合格まである。志望校がどこかは忘れた。

鉄道オタク。鉄研が面白い学校があるということでやる気を出して、一気に成績アップ。 鉄研といえば麻布。いっちょ麻布まで一気にチャレンジだ。そうじゃないとジャイアントキリングとは言わない。 志望校はどこだったか忘れたが、難関ではないのでまぁ受かるでしょう。

武田くん

どっか知らんけど受かる。

底辺人間がやりがちな、答えを写すをやっていたクズ。 しかしその愚かさに気づいたため大丈夫。志望校も難関校ではないため受かるでしょう。

三浦くん

サッカー少年。 6年から受験勉強を始める。 スポーツをやってた子は粘り強く伸びる。 たぶん大丈夫でしょう。

今川りいさ

全落ち。

親子揃ってクズ。クズオブクズ。ざまぁ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

See also