東京オリンピックをやめませんか?

もともとおれは、日本はオリンピックを開くべきではないと思っていました。 オリンピックを開くだけの余裕がないからです。 オリンピックは、経済的に豊かな国か、あるいはそれをきっかけにして成長したい 国が開催すべきで、日本のように一度は豊かになったけどこれから衰退することが確定しているだけの 国が開催するようなものではありません。

もともと、日本が経済大国と思っている人はもうあまりいないと思います。 それは数字でも現れています。 教育や研究でも、もう最上位ティアにはいない国です。 自分の感覚としては、もうベトナムとかフィリピンとあんま変わらんという感じです。 近い将来に抜かされるでしょう。

観光で来る人は、多少良い印象を持って帰るかも知れません。 それは、西欧にはない文化があるからというのもありますし、モノも安いですしサービスも良いです。 清潔感や安全性という点でもこの国に優る国はそうないでしょう。 しかし、それだけです。

「すべて」は、政治の無策が招いたことです。 最近の政治家の発言や判断を見ていると、何か政治家の間で危ないドラッグでも流通しているのではないかと 思うことすらあります。

この国の自殺者は年間3万人と言われて近年は減少傾向にあるなどと言われているのですが、 実際には変死体だとか自殺とは断定できないものについては自殺にカウントされていないというのが事実です。 なので実際には10万くらいは自殺してるだろうと言われています。 当然です。こんな国に生きていて幸せを感じることなど出来ませんから。 何の希望もありませんから。

都合よく、ダイヤモンド・プリンセス号におけるコロナウイルスへの対応が世界中から批判されています。 中には日本への渡航を禁じる国も出てきました。 日本は野蛮な国、日本は人体実験をしたという報道もされています。 そうした中、東京オリンピック中止はわりと現実的になってきています。 2012年の開催国ロンドンが「なんならうちでやったらどうや」と手を挙げています。

おれは、それでいいと思います。 今すぐに中止を決断しましょう。 ロンドンはオリンピックをやるにはわりと最高の国です。 気候も涼しいですから、熱中症の心配もありません。 選手や応援団にとってもアクセスが良いですし、 英語も通じるためトラブルも起きにくいでしょう。

貧しい国が強引にオリンピックを開いたところで、 残るのは負債だけです。

オリンピックを開くことでそれを励みにしてみんなが希望を持てるなんていう 時代はもう来ないのです。 それどころか、オリンピックのあとには必ず不況が来ます。 今の日本に、オリンピック後不況を耐える余裕はありません。 本当に100万単位で自殺者が出てしまいますよ。 (まぁそのことを見越して完全自殺マニュアルを紹介したわけですが。 どうせ決行するのであれば未遂の可能性は出来るだけ減らしていただきたいです)

確かに、東京オリンピックをやめてしまうと、 東京オリンピックを励みにしていたアスリートのみなさんはがっかりするかも知れませんが、 たったそれだけです。(それに、400mリレーで金メダルが仮にとれたとしてそれが何なんですか?意味あるんですか?) そんな数百人か数千人かわかりませんが、人口に比べたらごく少数の人間の幸せのために、 その他多くの人間の幸せを犠牲にする必要はありません。 実際に五輪会場の建設現場では若者が過労死しました。

ですから、コロナウイルスが蔓延したことを良い機会として、 オリンピック中止を宣言すればよいです。 そうしたら、国際的には「コロナのせいなら仕方がない」 で済まされます。 発生源の中国から近く、中国からの旅行者が多い国なので、 国が最善を尽くしていたとしても、多かれ少なかれ蔓延は避けられなかった可能性が高いです。 これなら、うちは本当はもうオリンピックなんかする余力がないからやっぱり やめさせてくださいというよりははるかにマシです。

東京オリンピック、やめましょう。意味ないです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

See also