スクワットをするときは鏡を見るな

昨日、190kgのスクワットをした。ボディウェイトは身長175cmに対して78kgしかない。この身体だと、190kgのスクワットは体幹にずっしり来る。このようなヘビースクワットをする時、何よりも重要なのは、バーベルをコントロールしながら正しくしゃがむことだ。少しでも前のめりになってしまうと、これはもう挙がらないし、首や腰の怪我にも繋がる。

スクワットラックやパワーラックの前には大抵、鏡があるけど、そんなものは邪魔なだけだ。鏡を見ながらスクワットをすると、しゃがむ深さがどうとか脚の開きがどうとか、目で追ってしまう。視点が動いてしまうからそれに釣られて身体が前のめりになる。スクワットは失敗するし、最悪、死ぬことになる。

だから、スクワットの導入時やフォームチェックとして鏡を見るのは良いのだが、本番においては、目で見た自分をコントロールするのではなく、頭の中にある自分をコントロールするようにしていかなければならない。そもそも、自分の思ったように身体を動かすことが、スポーツをするということだ。それに、目で見たものをフィードバックしてから判断しているのでは遅い。頭で考えたイメージをダイレクトに筋肉に伝えていかないと、繊細な動きは出来ない。

スクワットにとって鏡は邪魔だ!叩き割れ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

See also