麻布高校中退ゲロ煮込み系ラッパーTohji

この前、おれのラジオのコメントに 「想像で文章を書くのはやめた方がいいですよ。それによって傷つく人もいるんですから」 などというラジオとは何の脈略もない何のこっちゃわからないキッズコメントがつき、 どういうことなのだろうと思っておもむろにブログのアナリティクスを見ると、おれが書いた

麻布学園「ゲロ煮込み鍋事件」についてOBが思うこと

に集中的なアクセスが来ていた。

おれのブログは時々こういったお祭りがあって、 それがブログを続けている楽しみでもある。

こういった場合、必ず理由があり、大抵の場合はTwitterで検索をかけるとわかる。

ここからは多少の推測が入るが、お祭りの経緯はこんなところだ。

  1. Tohjiがおれの記事を発見し、自分の思ったとおりに書かれていないことに赤ちゃんのごとく腹を立ててTwitterで発狂した。その際に、直接的に記事のURLに言及しなかった。これは一種の匂わせ行為であろうと推察される。
  2. ファン(というかキッズ)たちがTohjiのことを心配し、記事のことを詮索し、おれの記事にたどり着く。(これは簡単である。ゲロ煮込み鍋を引いて麻布学園の闇について書いている記事はいくつかあるのだが、それをTohjiと直接結びつけているのはおれの記事だけだからだ)
  3. Tohjiは(思惑どおりに)ファンがざわつきはじめたことを知り、1のツイートを消し、釈明ツイートに差し替える。(以下)

「ああなった」というのがどうなったものなのか今となっては想像でしかないが、 おそらく「腹が立つ」程度に収まっていればよいが、もしかしたら「殺す」まで行ってたから ツイートを消したのかも知れない。 そうでなければ、 つまり、ちょっとまずったことを言ったら前言撤回するような人間であれば、 「俺は断固としていじめは嫌いだから。 むしろずっと俺含め居場所ないやつのために全部やってるつもり」などという言葉の信憑性も薄れてしまうからだ。

再度想像になるが、 おれは日式ラップには全く興味がないし、当然Tohjiという人間のこともゲロ煮込み鍋で知るまでは一切知らなかったわけだが、 このツイートについているコメントを見るに、Tohjiというのは「繊細な人間」で売ってるのではないかと想像する。 自分は、学校をドロップアウトしてしまって、行き場を失った。自分と同じように行き場のないやつらを勇気づけるために ラップをやっている。という「設定」なのだろう。

確かに、キャベツをまるごと食わせるよりは、胃液で消化したものを食べさせる方が きめ細やかであるという点で見れば繊細といえなくもないがそれは冗談として、 実際には信憑性がまるでない。 どこの世界に、繊細だから他人にゲロ煮込み鍋を食べさせてしまうような人間がいるんだ? そしてどこの世界であれば、他人にゲロ煮込み鍋を食べさせるような人間が 「自分はいじめが嫌いだから」としゃあしゃあとぬかすことが出来るんだ? これがわかるレベルの天才は、ゲロを主食とするのかも知れない。

「内輪のドライなジャッカスノリを記事のためにじめじめしたイヤな書き方されてああなった」 については何を言ってるのかさっぱりわからない。 これはなんらかのノリでゲロ煮込み鍋をやったものであり、 そのノリを理解せずに批難するのは間違ってるという、麻布学園特有のアレだろうか? それとも、ジャッカスという未知の単語が出てくるあたり、ラッパーの世界のことを理解せずに ディスってくんじゃねえよということだろうか。 よくわからないので日本語でおkと言いたいところだが、まぁあんまり興味もないのでどうでもよい。

最後に、Tohjiくんにアドバイスだが、 どうして名門進学校の麻布学園でゲロ煮込み鍋をやってしまったのか、 それによって退学になったことで人生がどうなったか、 それを歌にすると良いと思う。


このエントリーをはてなブックマークに追加

See also