2019年の目標

最近、新しく作ったRustコトハジメのネタ集めと記事書きためで忙しく、テストステ論の更新に手が回らないでいる。しかし明日は元旦ということでさすがに何か書いておきたい。

Anyway、あけましておめでとうございます。

今年の振り返り

退職

一番大きいのはやはり退職だと思う。C社ではサービスをモバイルもサーバもたくさんやった。しかし、今後望むような仕事が出来るという見込みはないため、だらだら続けても仕方ないと思い退職した。そして、プログラマとしては、今後来るであろうRustにすべてを賭けることにした。これは結構大きな決断だったと思う。他社に転職するという道もあったと思うが、大学院を出てから7年か8年くらいずっと働いてきたわけで、一度仕事から離れて自由にやってみる時間があってもいいと思った。

ゴッドエイムあきらとして

エイムについての知識が深まった一年だった。特に、異なるゲーム間でのセンシ変換について知識が深まった。記事もたくさん書き、たくさん読まれたし、エイム界隈とのツイッターでの繋がりも出来た。FPS一般でも、たくさん繋がりが出来て、今の私はゴッドエイムあきらとakiradeveloperという2つのブランドを同じくらい大事に思っている。

akiradeveloperとして

仕事に忙殺されていたため、OSSとしてはライトブーストのメンテリリースくらいしか活動がなかった。他、etilesというモバイルアプリも作ったが、そこまで引きがなかったのもあるが何より使ってるライブラリがあまりアクティブでないということもあり、今後どうするかは未定となっている。ゲームのアイデアとしては素晴らしいと思ってるため、一案としてはTypeScriptでのリライトとフル日本語化を考えている。

来年すること

仕事

しばらくはRustの勉強と、競プロの勉強をしたい。Rustの勉強自体とブログには当然価値があるが、競プロ自体も再就職しようと思った時には必要になることが多いし、自分の苦手分野ということもあり、ここでやっておいて損はないと思っている。自分の中では、AtCoderで黄色をゴールとしている。そこまで行ったらあとはコンテスト参加を趣味として続けていけると思う。

再就職は、今のところ考えていないが、ベストなのはRustを書く仕事が得られることだと思っている。会社員としてではなくフリーランスのプログラマとしてという働き方も魅力的と考えている。この意味では、ブログを続けていくことは自分自身の学習だけでなく、きっと何かの縁に繋がると思うし、チャンスがあった時に掴めるように、準備をするのが今の仕事と捉えている。成果があった方がいいと思うので、何か数千から一万行程度の中規模ソフトウェアをRustで書きたいと思うが、頭の中にあったアイデアについて深く考えていくとうまくいかないことがわかり、絶望している。

配信

Twitch PartnerとYoutubeの登録1000人を達成する。プレイについては日々上達していると思うので、次第に、見る価値のある配信や動画を作りやすくなっていくはずである。配信はTwitchで、動画投稿はYoutubeという棲み分けを続ける。OWについては自分自身楽しめてないこともあり、ゲームシステムが改善されない限りは、別のゲームに移るかもしれない。

広告収益

自分の趣味であるブログやゲーム配信でもっと収益を得て、家賃くらいは払えるようになることが目標である。現実問題として片手間で出来ることではないが、種はあるため、不可能ではないと思っている。しかし、今現在では、誤解されているため言っておくが、将来的のもプログラマとして生計を立てていくつもりである。

フィットネス

退職してからもう2ヶ月間減量をしていて、それなりに脂肪が減ってきた。腹筋もやんわりと見えている。

https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/8c0c473c388f3021e04bf0777a11d3127fc14ddb/d5db3/images/1546143642.jpg

さらに減量を進めて、フィットネス関連でも何かしたいと思っている。Rust言語もそうだが、本当に価値のあるものについて特化ブログを作るのはありだと思っていて、フィットネス系でも特化ブログを作るかも知れない。35歳の男は25歳より金を持っているし、おじさんをターゲティングしたTipsは、間違いなく金になる。それに、フィットネス情報自体が今後より一層需要が伸びるし、不滅のものだ。

今フィジーク業界では比較的若い人が動画チャンネルなどを持ち活躍しているが、実際のところ、30歳のサラリーマンにとっては参考にならない。30歳を超えたボディビルダーはいるが、こちらはガチすぎて参考にならない。そこに、やんわりとかっこいい身体を作るメンタリティやトレーニング方法を紹介するおじさんがいてもいいのではないかと思っている。その時は、説得力のある身体が必要となる。今、それを作っている。


このエントリーをはてなブックマークに追加

See also