リストストラップとパワーグリップの利点・使い分け

この記事では、リストストラップという筋トレの道具を紹介しようと思います。

リストストラップの役割:握力を補助する

筋トレ種目は、プッシュ系(ベンチプレスなど)とプル系(ローイング・デッドリフトなど)に分類出来ますが、このうちプル系では「握力が先に参ってしまう」という人は少なくないと思います。そうなると、十分なワークアウトが出来ないということになります。あるいは、デッドリフトなどでは特に、「手の皮が破けてしまう」という場合もあります。

これらはどちらも、握力を補助する道具を使うことで解決出来ます。

それがリストストラップです。

リストストラップを使うことによって握力が強力に補助されるため、先に握力が参ってしまったり、手の皮が破けることはなくなり、十分にワークアウトすることが出来ます。

筋トレ時にグローブを使う人がいますが、ベンチプレスやアームカールなどではアリかなと思います(使わない方がいいという人もいます。グローブの劣化でバーベルが滑落したりする危険もありますし、ベンチプレスなどでは、手の平にバーベルがしっくり収まる点がぼやけてしまうという欠点があるからですが)が、プル系(ローイング・デッドリフトなど)ではむしろ害だと思います。なぜかというと、グローブの分だけバーベルが太くなってしまって、却って握力がきつくなってしまうからです。バーベルを意図的に太くして、握力を鍛えるという道具すらあるくらいです。

むしろ、プル系にはきちんとプル系の道具を使うべきと思います。そのもっとも基本的なものがリストストラップです。

リストストラップの使い方

リストストラップの使い方を、写真を使って説明します。

https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/c3bc2cea562b0e5e20d0dfd72d712030bad9e941/e5788/images/1567332704.jpg

自宅にケトルベルがあったので、おもむろに持ち上げてみます。

https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/ebf5385b8712d5e2f314fb209bb89b495b5637d9/1c0ec/images/1567330291.jpg

リストストラップはこのように着けます。ヒモの通し方や方向を間違わないようにしてください。

https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/54e5a2275ead3925de350259aef81b9cb5d05cdd/8e621/images/1567332795.jpg

自分の方向から、バーベルの下をくぐらせます。逆方向では意味ないので気をつけてください。

https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/5304a553dbbe8abccab04dc64116f41c1f19fc87/2df57/images/1567332969.jpg

そのまま巻いていきます。

https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/b96d7023fc3424fe5d7443440261b08a4be83e92/29a60/images/1567333628.jpg

もう一巻きして、きゅっきゅっきゅっと締めてから握ります。これでしっかりとホールドされます。

パワーグリップとの使い分け

似たような道具として、パワーグリップというものがあります。

パワーグリップをリストストラップの上位互換と勘違いしている人がいますが、間違っています。

正しくは、用途が違います。リストストラップの方が向く種目もあるし、パワーグリップの方が向く種目もあります。同様に、ケトルベルをおもむろに持ち上げてみます。

https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/0ce303cf426aaf55d8b16dd223a156d36a546a5d/e6f34/images/1567333610.jpg

パワーグリップは一巻きしか出来ないため、握力の補助としては弱いです。また、きっちり巻きつけて握るものでもないので、指でグリップすることになります。握力の補助という点では、リストラップに劣ります。

では何がパワーグリップの長所なのかというと、それは第一にセットアップの早さです。リストストラップでは、巻きつけるのに時間がかかりますが、パワーグリップではこの時間はほぼゼロ秒です。従って、少しでも握力の補助があれば十分という重量の種目では、パワーグリップでも十分です。

もう1つの長所は、持ち手に巻きつけるのが難しい場合でも使うことが出来るということです。例えば、そもそも持ち手の表面が親切にゴムでコーティングされていることがあります。そういうマシンを使う場合には、リストストラップを巻きつけるのはかなり難しいです。最後のきゅっきゅっきゅっとするところがゴムとの摩擦のせいで出来ないためです。このような場合にもパワーグリップを使います。

私の場合、デッドリフトとバーベルローイングはリストストラップを使っていますが、その他の種目はパワーグリップを使うことにしています。

https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/384055c07fda9fccb5867ebad59a469182bbf19f/338a6/images/1567334222.jpg

ちなみにパワーグリップをつけているとスマホを使いにくいですが、休憩中にこうやって逆にすることによってスマホを使うことが出来るようになります。しかしジムで器具を専有したまま長時間スマホをし続けるのはやめましょう。(というかスマホしながらワークアウト??してるやつって何なの)

パワーリフティング競技では使用不可

多くの人には関係ないと思いますが豆知識として、リストストラップやパワーグリップを使うことは競技シーンでは禁止されています。パワーリフティングやウェイトリフティングの競技会では、手の平にチョークをつけるしか許されていません。なので、競技ではグリップを工夫してどうにか握力が保つようにする必要があり、デッドリフトではオルタネイティブグリップという左右の手を逆持ちするという技術を使う選手が多く、ウェイトリフティングではフックグリップを使う選手が多いです。

競技シーンで禁止されているので、競技者の人は練習の時からリストラップを使わずにトレーニングする人もいます。なぜかというと、握力も鍛えていかなければいけないからです。

私は、握力は本質ではないと思うので、リストラップありにしてしまった方が、手から出血することも減るだろうし、メリットも多いのではないかと思うのですが、明らかに有利になって過去の記録との一貫性を失うので変わらないと思います。あるいは、腰にとって限界重量で引けなくなることで、重篤な事故が起こりにくくなるというメリットもあるのかも知れません。

ただ、デモンストレーションやショーなどでは、リストストラップを使ったデッドリフトなど、人類の限界に挑戦するということは行われています。背筋を限界まで追い込みたい方はどうぞ購入ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

See also