【減量飯】ささみのたまねぎ炒め

おれがお気に入りの減量飯を紹介する。

https://d33wubrfki0l68.cloudfront.net/2efc6f034bc51db93981c629e0c444d29370d21d/5cd7b/images/1551699674.jpg
ささみの玉ねぎ炒め

材料

  • ささみ250g
  • たまねぎわしづかみ程度
  • クレイジーソルト
  • オリーブオイル (ピュア)

作り方

1。ささみを小さめに切る 2。クレイジーソルトを死ぬほどかけて揉む 3。オリーブオイルをフライパンにしく 4。しっかり焼く 5。ラストにたまねぎをぶちこんでさらに焼く

ポイントはたまねぎだ。たまねぎは短冊切りする。少し太めにする。ざっくりしてる方が歯ごたえが残っておいしいからだ。たまねぎは焼くをへにゃっとしてしまうから、あまりにも細いとへにゃへにゃすぎてしまう。

たまねぎの切り方についておれが気をつけてることは、あまり細かいことにこだわらないことだ。例えば、たまねぎを切っていって残り少なくなった時に、それをがんばってさらに切ろうとかそういうことは考えず、そのままジップロックにぶちこんでしまう。なぜそうするかというと、たまねぎを切ってると目がファックされてくるため、包丁のエイムが狂ったり包丁を当てる角度をミスって滑ったりして指を切る確率が高くなるからだ。切るのに慎重になるのもあまり意味がないから、ざっくり切って諦めるのが寛容だ。

もう1つ、あまり細かく切らない方がいいのは、とくにみじん切りなどが良くないと思うのは、まず細かく切っていくとそれだけ目がファックされていくというのと、たまねぎが散ってしまい床に落ちたりすることが多くなるからだ。たまねぎはゴキブリの大好物なので、これは良くない。特に夏はやばい。

だから、たまねぎはざっくり切って諦めるのがいいのだ。たまねぎの切り方にこだわってる人を見たら教えてあげよう。

たまねぎはジップロックにぶち込んで冷凍する。1週間くらいは楽に日持ちする。それに、冷凍した方が甘みが出るようになる。たまねぎの冷凍はオススメだ。

あと1.5kgがんばります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

See also