ワクチン被害は、自殺である。救済の必要はない

コロナワクチンは大規模薬害に発展

コロナワクチン接種後死亡、遺族が集団提訴も 国は因果関係認めず

大きな薬害になるとは予想していた。 すでに海外では、薬害訴訟が行われているが、 日本でも遺族会が立ち上がり、今後訴訟に発展するだろうと思われる。

これとは別に、すでに1000件近く ワクチン接種と死亡との因果関係が認定され、 補償が行われることとなっている。

これについておれの考えを述べる。

コロナワクチンの接種は自殺である

まずおれは、コロナワクチンの接種は自殺の一種だと見ている。 なぜかというと、遺伝子コロナワクチンを打てば、健康被害が出ることは当たり前であり、 それはおれのようにまとものな知能を持った人間にとっては予見可能だからある。

どのくらい当たり前かというと、 車が走ってるところに飛び込めば轢かれるくらい当たり前だ。

コロナワクチンの接種者は当たり屋

コロナワクチンの接種が自殺なのだとすると、 接種者のうち国に補償を求めるものは当たり屋のようなものだと言える。

コロナワクチン被害者の国による救済は不要

従って、ワクチン接種後に死んだケースにおいても、 国は補償をする必要はない。 民間保険が補償をする分には何の問題もないが、 自殺者に対して国が補償をするのは狂っている。

コロナワクチン後遺症者は抹殺すべき

ワクチン接種が急性的な 死をもたらすケースは実はそれほど多くない。

むしろ問題なのは、 ワクチン接種によって免疫が破壊されてしまったケースや、 明確な後遺症が残ってしまったケースだ。 彼らは社会にダメージを与えるからだ。

ダメージのうち1つは、 彼らが国民健康保険に与える影響である。 これについては、ワクチン非接種者と接種者の間で 保険を分離することを提案してきた。 なぜ、自殺者の面倒を国民保険で見なければいけないのか? 今すぐにでも自費にすべきだ。

もう1つは、ローパフォーマーの存在である。

ワクチン接種者の中には、長期間風邪が治らなかったり、 腹痛が収まらなかったりするものがいる。 最近では、性病も増えているらしいが、これらはすべて 遺伝子ワクチンにより免疫が破壊された(免疫ファック = 免ファ) ことによる。 免ファは、現在のところ、経時的に回復するものなのかわかっていない。

彼らは、ローパフォーマーとしてサイレントに経済を破壊し続ける。

そもそもにおいて、 この遺伝子ワクチンの毒性を予め見抜けない人間は知能が深刻に低いと言えると思うが、それを抜きにしても、 自殺的に勝手にローパフォーマーになったのだとしたら、 もはや経済が彼らを許容する合理性があるだろうか。もちろんない。

もともと頭悪い人間がワクチンしてさらに頭悪くなってしまったらもうおしまいだ。 ワクチン接種者に関しては、それを理由にして解雇出来るようにすべきと思う。


おすすめサプリです。おれも飲んでます。