頭の悪いやつが洗脳されてコロナワクチンを打つ

頭が良い人間と悪い人間の違いは何かと一言でいうならば、 真に正しいことへの執着にあるといえる。

論理的な正しさ、倫理的な正しさ、こういったものを 頭の悪い人間ほどないがしろにしがちだ。 正しいことを追求することは難しいことであり、時に苦しいことでもある。 だから、頭の悪い人は、安易にそこから逃げようとしてしまう。

例えば、今コロナワクチンを打ってる人たちは本当はなぜそのワクチンが安全なのか、 あるいはなぜ効果があるのかメカニズムすら理解せずに、 「みんなが打ってるから」「医者が言ってるから」と言った理由で 勝手に納得しているだけだ。 あるいは、「それがワクチンと呼ばれているから」という理由で打ってる人間も大勢いるだろう。 そういった知能の低い人間が、コロナウイルスに反対する人間を見つけると一斉に 襲いかかる様子を見ていると、何人かの医学系インフルエンサーによる洗脳が大成功していることがよくわかる。

さぞ、気持ち良いことだろう。 自分の発した言葉が何回も拡散され、ネット上に広まっていく。 そしてそれがさも正しいかのように受け入れられていく。 それを正しいことだと言い切れたら、 自分の頭が悪いという事実からも目を背けることが出来る。 さぞ、楽なことだろう。

おれがコロナワクチンに対して懐疑的なのは、 まず、なぜ安全と言い切れるのか理解出来ないというのもあるが、 これら医学系インフルエンサーに対して信用がないからでもある。

先に、頭の良い人間は、真の正しさに対してこだわりがあると言ったが、 頭があまり良くない人間というのは、 正しいことに対してそこまでこだわりがないため、 金で揺さぶられると正しさを曲げてしまうし、 自分の理論に対して批判的になることも出来ない。 ソフトウェア業界でも「動いてるからいいや」で済ませてしまうのがこの類の人間だ。

今まで、陽の当たらない場所で生きてきた人間が、 パンデミックによって 突然活躍の場をメディアから与えられ、陽の目を見ることが出来たら、 大概の人間であれば、自分が間違ってることをしてると思っていても、 人気者の自分を受け入れてしまうだろう。

ワクチンが出来ることは望ましいことだ。 しかしそれは命に関わる問題であり、 これを論ずることは正しさに対して決して揺るがない人間にしか許されないことであり、 残念ながら現在活躍中の医学系インフルエンサーはどれも、この要件を満たさない。

K氏 「ワクチンを打ったと嘘ついてましたー」

https://archive.is/uwRQE

(評価) ワクチンの有効性を広める立場でありながら、 バレなければ良いと思って嘘をつき続けた。 倫理観に欠ける。

M氏 「洗脳しようぜ」

(評価) この人間が、どんな状況においても正しいことを貫けるとは到底思えない。

C氏 巣鴨中学出身

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A5%E5%BF%B5%E5%AE%9F%E5%B8%8C%E4%BA%BA

巣鴨中学校・高等学校

(評価) この人は巣鴨出身らしい。 中学受験関係者ならば、 巣鴨出身者が臭うことはわかるはずだ。 おれは巣鴨出身の人間がこの状況において 何か正しいことを出来るとは到底思えない。 中学受験の失敗は地頭が悪いことの証明だ