ワクチン接種者が隔離される未来

今、日本が抱える問題の一つは何かというと、 頭の悪い人間が生きていることだということが出来る。

頭の悪い人間が生き、繁殖し、やはり頭の悪い子供を作る。 これによって頭の悪い人間が増え、また、格差が開いていく。 過度の格差は社会を不安定にする。

テクノロジーの発達した 現代の社会において、頭の悪い人間というのは存在価値がない。 それだけでなく、害となる。

例えば、なぜ、日本ではITシステムの導入が進まないか? これは、それを一瞬で理解出来るだけの頭脳を持った人間のみで満たされた 社会ではないからだ。 こういった人間が存在することによって社会の発展の足を引っ張っている という側面がある。 バカでも出来る仕事を作るために、テクノロジーの導入が進まないなんていう 馬鹿げたケースもある。

一方で彼らは、テクノロジーの発達した社会においては何の価値も生み出せない。 炭鉱で汗水たらして働いて金を稼げた昭和とは違うのだ。 令和の現代においては、高度なテクノロジーを理解し、活用することでしか価値を生み出せない。

これに対する対策として、小卒試験を課し、 世界上位10%レベルの人間だけ を残し、その他を全員「なかったことにする」ということが考えられる。 ここでは倫理的な問題は一旦度外視することとした。

こうして残った知的精鋭たちによってのみ構成される社会では、 上に挙げたような問題が全く起こらず、 社会が猛烈な勢いで発達していくことが容易に想像出来る。 そうやって、日本の世界一の知能大国にするしか、 日本が世界において存在感を示す方法はない。 日本が、世界のシンクタンクになるのだ。

反反ワクチン派は、非常に知能の低い集団である。 これは彼らを観察するとよくわかる。 中には、ケーキを三等分に切れなそうな人間もちらほらする。 彼らの総大将であるこびナビがそもそも、低能集団なのだから当然だ。 こびナビは専門家集団ではない

都合のよいことに、彼らはワクチンを打ってくれている。 おれは、このワクチンの薬害が発覚し、 彼らがこの世から駆逐されるという未来を予想している。

現実的なシナリオを示す。

まず、ワクチン接種により変異株が生まれる。 この変異株によりワクチン接種者がADEを起こすことが明らかになり、 ワクチン接種者たちの中には3回目のワクチン接種を行い、 強い副反応によって死ぬものも出れば、重度の障害者になるものも現れる。 こういう現象を見た時に、スパイク人間たちの中には自暴自棄になって、 ワクチンシェディングにより公害をもたらそうとする者が出てくる。 このままでは知能が高く、ワクチンの薬害から逃れることが出来た精鋭たちまで 殺されてしまう。 また同時に、ワクチンは生殖器官に蓄積し、子供もまたスパイク人間になる ことが明らかになった。 人類絶滅の危機だ。

ではどうするか? ワクチン接種たちを隔離する。

ワクチンが、地球上に増えすぎた人類を減らすために作られたという陰謀論があるようだが、 結果的にはそれに近い未来になると思う。

おれはものすごく頭の良い男だ。 それ故にたまに、未来が読めてしまうことがある。 ワクチンを打つ打たないは自由だ。 想像力を働かせて、自分の未来を決めてほしい。